前へ
次へ

市販の薬と薬剤師の方々の存在に感謝

都道府県でも子供の医療負担というのは異なるようです。
中学生まで医療費が無料になるところもあれば、まったくそういう制度がないところもあります。
ですので、無料として受けられるような地区では、些細な病気でも小児科に連れていってあげた方が良いでしょう。
おたふくかぜや水疱瘡なども最近は予防接種もあります。
水疱瘡が悪化して難聴になることもあるそうです。
そういった症状の事情なども小児科の先生だと教えてくれるようです。
また大人は、そうそう病院に行けることはありません。
専業主婦ならいつでも時間があると思われがちですが、幼い子が居た場合には同伴させなければなりません。
そんな時にはドラッグストアで市販の薬を購入して、ゆっくり寝るのが一番です。
最近では病院で処方されるような成分が使われている薬品もありますし、薬剤師さんもいらっしゃるので相談すると良いでしょう。
かくいう自分もこれまでに何度か相談したことがありますが、とても話しやすく親身になっていただけました。

Page Top