前へ
次へ

医療現場で救急車を呼ぶべき場面とは

体の調子が突然悪くなり、病院に行くにしても、時間帯が遅すぎるようなケースでは、救急車を呼んで然るべき病院で診察を受けるのが原則です。
しかし、症状の程度によっては、救急車を呼ぶべきか迷う場合があります。
すなわち、症状が軽くてすぐに回復してしまうようなケースで、わざわざ救急車を呼んでしまっては、救急隊員に迷惑をかけてしまうと考えるからです。
また、昨今ではタクシー代わりに救急車を呼ぶような人もいて、同じような人と思われたくないといった心理が働きます。
しかし、素人判断で軽い症状と思っても、専門の医師に診断してもらうべき病気もあるかもしれませんので、いちがいに救急車を使わなくてOKとも言い切れません。
救急車を有料化しようとする動きがあるのも、ある意味頷ける状況です。
実際に体調が悪くて、救急車の利用を躊躇している人にとってみれば、お金を支払うことで利用しやすい面があり助かるのではないでしょうか。
今後の動向に期待したいですね。

Page Top